• ボタニカリズムのコンセプト

    「ボタニカリズム=植物主義」。
    それは日本人が豊かな自然に寄り添って暮らしてきた、生活の知恵であり哲学です。

    日本は古来から自然に恵まれ、日々花を愛で、四季に移ろう姿にあわれを感じ
    建築、造園、茶道、華道など、素晴らしい文化を生み出してきました。
    そこには植物への愛があり、尊敬があり、感謝もある。
    今、同じ地球を棲み分ける「植物」が言葉を持ったとしたら、現代を生きる私たちに
    何を語りかけるでしょうか...?
    まるで同じ心を持つ存在のように植物と寄り添ってきた私たち日本人ですが、
    実際のところ語らない友に甘え過ぎてしまったのかも知れません。

    「豊か」の意味は人それぞれ、感性も価値観も多様化した今、
    傲慢な人々の欲望に地球が耐えきれなくなっています。

    ボタニカリズムは植物と私たちとの距離を、もう一度近づけたい、
    そしてこれからもずっと寄り添っていける関係を築きたい、そんな思いから
    ものづくり、場所づくり、思い出づくり...さまざまな触れ合いの機会を提案します。

    日本の暮らしの哲学「ボタニカリズム」。
    世界のどの国よりも、植物と仲良く暮らす方法を知る私たち。

    植物とのこれからの素敵な関係を、一緒に考えていきませんか?

  • ボタニカリズムの活動

    「植物」について理解を促し、
    共に歩んできた「日本文化」を継承・発展し、
    四季のあるこの地と人との豊かな暮らしの「Sustainability」に貢献します。

    以上をキーワードに、
    アート・植物による装飾・関連領域の専門家とのネットワークを使って
    ○空間演出 ○メディア企画・編集・制作 ○イベント・講演会の企画・運営など、
    境界にとらわれずに、活動します。

  • プロフィール

    松永有加(まつなが・ゆか) フラワーデザイナー
    1982年生まれ。13歳から華道に学び、高校在学中から生花店で修行、19歳でフロリスト養成学校でフラワーデザインを習得。02年桑沢デザイン研究所(スペースデザイン専攻)在学中に染色家・横張亜樹とのスペースデコユニット「commu」を結成。店舗ディスプレイやイベントでの空間コーディネートを中心に活動。04年同校を卒業後、㈱古舘プロジェクトに入社。マスコミ業界でのプロデューサー業を経て、09年9月に関連会社㈱ブレイン・コミュニケーションズ所属にて「Botanicalism」の活動を開始。現在はイベント装花や撮影装花を中心に、自身の教室以外にも、ギャラリーやレストラン、企業でのワークショップを開催している。

  •  

  •